TDRリポート

日々のインレポやマニアックレポなど多彩なジャンルを詳しく解説リポート!

全てのアトラクションで使用できる魔法のFPが登場!新たに始まったマルチエクスペリエンスについて詳しく解説!

どうも、管理人です。

 

先月7月から東京ディズニーリゾートでは、FPをアプリで発券できるサービスが開始されました。

 

各アトラクション付近に設置されたFP発券所へ行かなくても、入園の際に使用したパスポートをスマートフォンアプリに読み込むだけで気軽に発券できるようになりました。

 

そんな便利になったデジタルFPですが、ある機能が追加されました。

それが《マルチエクスペリエンス》です。

f:id:TDR_mickey1118:20190818230807j:image

マルチエクスペリエンスの機能は、有効期間中に1回、東京ディズニーランド東京ディズニーシーの対象アトラクションのうち、いずれか一つを少ない待ち時間で利用できるFPです。

 

従来で例えるなら優先入場整理券と同じ仕組みとなります。ですが、近年の優先入場整理券は、使用可能アトラクションが新アトラクションや人気アトラクション以外のみ使用可能などと限られていましたが、このマルチエクスペリエンスでは《トイ・ストーリー・マニア!》や《スプラッシュ・マウンテン》さらには先月23日にオープンした新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》でも使用可能となります。

有効期限が丸2年間なので年間パスポートを持っていないゲストでも次回来園時使用可能となります。

 

さて、ここからはこのマルチエクスペリエンスがいつ、どのように配布されるのでしょうか。

全てのゲストに配布される訳ではもちろんありません。対象となるゲストはFP使用可能時間にアトラクションがシステム調整等で運営休止となった場合に配布されるデジタルチケットとなります。

今回は、21:10〜22:00のプーさんのハニーハントのFPを取得していましたが、使用時にシステム調整で運営休止となり配布されました。

この際、紙のチケットが手渡しで配布されるのではなく、アプリの取得済FP画面を更新することによって自動的に反映されました。

反映までに10分〜15分ほど時間がかかっていました。

 

今回、マルチエクスペリエンスが配布されたことにより、従来の優先入場整理券とは違い、次回来園時でも人気アトラクションがFPエントランスから楽しめるようになりました。

(以前も人気アトラクションが使用可能なものと不可能なチケットの2種類が存在していました)一つ気になる点としては、本日に限り有効可能なマルチエクスペリエンスがあるのかどうかです。今回は、閉園時間間近だったので2年間の有効期限付きでしたが、日中の場合は本日限りの可能性も無くはありません。

色々気になりますが、便利なサービスには間違いありませんね。

 

システム調整で使えなかったアトラクションを再開後にマルチエクスペリエンスで使用するのも良し、また他の人気アトラクションで使用することもできるので、楽しみ方の幅が広がりますね。私はもうしばらくこのまま使用せずに持っていたいと思います。

 

今回はこの辺で。

また次回のブログでお会いしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村